12 Studies in Minor keys Op. 39/Ch.V.ALKAN 2CDs    JNCD-1006

MICHAEL NANASAKOV 1998

短調による12の練習曲 p. 39/Ch.V.アルカン

「短調による12の練習曲」作品39は、ハンス・フォン・ビューローが「ピアノのベルリオーズ」と評し、リストが脅威を感じたアルカンの多面的天才を顕わす金字塔と言える大作だ。第1曲~3曲は短調の単独作品、第4曲~7曲は交響曲様式、第8曲~10曲は協奏曲様式、第11曲は序曲、第12曲は変奏曲、もちろんピアノ独奏のための練習曲集だ。他に、「鉄道」練習曲と、CD初録音の「アルカン編曲によるピアノ独奏の為のモーツァルト・ピアノ協奏曲20番」収録。

       
 

Audio sample

1

Op.39-1; COMME LE VENT / A moll

2

Op.39-2; EN RYTHME MOLOSSIQUE / D moll

3

Op.39-3; SCHERZO DIABOLICO / G moll

4

Op.39-4; SYMPHONIE-1/ C moll

5

Op.39-5; SYMPHONIE-2/ F moll

6

Op.39-6; SYMPHONIE-3/ Des moll

7

Op.39-7; SYMPHONIE-4/ Es moll

8

Op.39-8; CONCERTO-1/ Gis moll

9

Op.39-9; CONCERTO-2/ Cis moll

10

Op.39-10; CONCERTO-3/ Fis moll

11

Op.39-11; OVERTURE/ H moll

12

Op.39-12; LE FESTIN D’ESOPE/ E moll

13

8e CONCERT, (en RE mineur) de MOZART arrange pour piano seul,avec Cadences; 1st. movement

14

8e 2nd. movement

15

8e 3rd. movement

16

Op.27 LE CHEMIN DE FER

Nanasawa Articulates ⓒ 2017