JNCD-1024

Gustav Mahler Symphony No. 5, arr. for two pianos by August Stradal
マーラー 交響曲第5番 ピアノ2台用編曲(A. ストラダル)


この編曲は、基本的にオーケストラを忠実に再現しようとするもので、非常に音が多く、演奏も難易度が高い。編曲者のアウグスト・ストラダルとマーラーは、生年が同じ1860年であるうえ、両者とも現在のチェコで生まれ、ウィーン音楽院で学んでいると共通点が多い。ナナサコフの多重録音による演奏は、全体的に激情型の表情豊かな演奏ではなく、インテンポで楽譜の指示通り進む場面が多い。ピアノの音だけになり曲の構造が露わとなることで、新しい気づきも多いだろう。特に第5楽章のフーガ的な書法はピアノ編曲の醍醐味が味わえる。ヴァーチャル・ピアニスト(コンピューターと自動演奏ピアノ)という無茶苦茶な手法を既に三十年以上続けていることになる。
MICHAEL NANASAKOV

Gustav Mahler Symphony No. 5, arr. for two pianos by August Stradal


...

...

1. Symphony No. 5 in C-Sharp Minor: I. Trauermarsch. In gemessenem Schritt. Streng. Wie ein Kondukt
2. Symphony No. 5 in C-Sharp Minor: II. Sturmisch bewegt, mit grobter Vehemenz
3. Symphony No. 5 in C-Sharp Minor: III. Scherzo. Kraftig, Nicht zu schnell
4. Symphony No. 5 in C-Sharp Minor: IV. Adagietto. Sehr Langsam
5. Symphony No. 5 in C-Sharp Minor: V. Rondo - Finale. Allegro - Allegro Giocoso. Frisch



Pease listen audio samples